急増するリモートワークと通勤手当返金!?定期券の払い戻し方法

はじめに

 新型コロナの影響で在宅ワークが増えていますね。

 私の会社でも原則リモートワークとなり、どうしても出社しなければならない人以外は自宅で仕事をしています。

 そんなこんなで今日は在宅ワークが増えた今、通勤手当に関する話です。

  • 定期券はどうすればいいのか?
  • 通勤手当はもらえるのか?
  • 定期券必要ないから通勤手当でもらったお金は別のことに使ってしまえ
  • 緊急事態宣言の中で定期券の払い戻しはできるのだろうか
  • 今後もリモートワークって増えていくの?

 こういった疑問や考えを持っている方々に情報共有しますね。

通勤手当はどうなる?

  • 通勤手当は大抵の場合、「事前」に支給されている。
  • 在宅ワークで通勤をしなかった場合、会社から返金を求められる可能性がある。

 大抵の場合、通勤手当は事前支給の方が多いと思います。

 在宅ワークが増えてきたことで本来使われるはずだった通勤費は使われないままの方(通勤定期を購入していない方)が多いのではないでしょうか?

【注意】通勤定期を購入していない人

 通勤定期を購入していない方は注意が必要です。
 自社の総務担当から現時点で特に支持がない場合、後になって返金を求められる可能性がありますので、通勤手当を自分の懐に入れてはいけません。

 ただし、通勤定期を既に購入している方は、その定期を証跡として会社に提出することで返金は免除される可能性が高いと思われます。

 返還も求められる可能性があると記載しましたが、されない場合もあります。
 会社ごとに対応が異なる上、非常に混乱している最近の状況では、そういった細かい調整に総務も手が追いついていないことが多いです。

電車の代わりに自転車や徒歩での通勤はありか?

 これも会社ごとに判断が変わってきます。

 例えば、元々会社に届け出ている通勤経路と別のルートで出社していた際、事故にあったとします。その場合、本来労災対象であるはずの通勤中の事故が労災対象とならない場合があることに注意しなければなりません。

 感染リスクを減らすために良かれと思ってとった行動が、自分を最悪の事態に引き込むような結果になりかねないのです。

 いずれにしても総務担当と相談しましょう。

定期券の払い戻しについて

 定期券の払い戻しは可能です。

 通常の場合、その定期券に1ヶ月以上の残存期間があれば、1ヶ月単位で払い戻しを受けることが可能なようです。

 なお、この場合の残存期間は「定期券を払い戻し申請した日」ではなく、「定期券を最後に使った日」となる場合が多いです。

定期券の払い戻しは急がなくていい

 多くの鉄道会社では今回の騒動の特別措置として、払い戻し可能期間を「緊急事態措置終了日の翌日から1年間」としている場合が多いです。
 詳細は各社のウェブサイト等で確認してください。

まとめ

  • 通勤手当の取り扱いは自社の総務にしっかり確認する。
  • 別ルートで出社する場合は上司と総務へ正式に申し入れる。
  • 定期券の払い戻しは可能。ただし、急がなくていい。

おまけ:リモートワークって増えるの?

 今後はリモートワークがさらに加速することが見込まれます。

 会社は通勤手当の縮小、オフィスの縮小による固定費の削減などが見込めますし、現に既に今年度から来年度以降にオフィスの拠点を減らすなんて話もちらほら色々な会社から聞こえてくるようになっている状況です。

 また、社員自身も、この期間中に働き方を無理やりにでも変えなくてはならない状況になったと思います。荒療治ですが、今回を教訓にして、リモートワークは普及していくでしょう。

 私たちもこの状況に少しずつ対応して、家で快適に且つ効率的に仕事ができるようにして行かなくてはならないですね。



このブログに関してご質問などがある方は、下記の問い合わせフォームをご利用ください。

よろしくお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!